株式会社CONNECTA

長期インターンで身につく!就活で差がつく3つのスキル

お問い合わせはこちら

長期インターンで身につく!就活で差がつく3つのスキル

長期インターンで身につく!就活で差がつく3つのスキル

2023/10/25

就職活動において、長期インターンシップを経験することは、非常に有益な経験となります。その中でも、身につくスキルには、就活において大きな差を生み出すものがあります。本記事では、長期インターンで身につく就活で差がつく3つのスキルについて紹介します。

目次

    長期インターンのメリットとは?

    長期インターンとは、一定期間企業に参画し、職務をこなすことで仕事に携わる経験を得るインターンシップのことを指します。長期インターンには、短期インターンにはない多くのメリットがあります。 まず、長期インターンは長期的な取り組みになるため、企業のチャレンジやプロジェクト、理念に深く関わることができ、フラットな組織構造の中で様々な職場スキルやコミュニケーション能力を養うことができます。また、企業文化にも触れ、自分の長所・短所を知り、自分自身で自己成長を実感することができます。 さらに、長期インターンは企業の社員として働くため、社員の成長スキームに繋がりやすいというメリットもあります。インターン期間中に、自分にあった分野やポジションにつけば、継続して仕事をしていくこともできますし、最終的には正社員として雇用されることもあります。 最後に、長期インターンは、卒業後の就職活動に大きなアドバンテージをもたらします。長期インターンをしていると、業界や企業の特徴を深く知ることができ、実践的なスキルや成果をものにすることができます。そのため、就職活動前から、自分がどのような仕事がしたいのかを明確にして選考対策を進めることができます。 以上のように、長期インターンには多くのメリットがあります。就職活動に備えるためにも、是非一度経験してみることをお勧めいたします。

    スキルアップに繋がる長期インターン

    近年、就職市場ではスキルアップができる長期インターンが注目を集めています。長期インターンは、通常の短期インターンとは異なり、何かしらのスキルや知識を身に付けることが期待されます。 例えば、ある企業の長期インターンでは、営業やマーケティング、財務や人事など、実際の業務に携わりながら、社員と同じように仕事をこなします。そのため、企業のビジネスに関する知識や経験が豊富になるだけでなく、自分の興味や希望に合わせてスキルアップすることができます。 また、長期インターンは、プロジェクトのリーダーやトレーナーとして携わることもあります。その場合、自分が中心となって仕事を進めることで、リーダーシップやプレゼンテーションスキル、コミュニケーション能力が養われます。 長期インターンには、就活において強みとなるスキルを身に付けることができるというメリットがあります。そのため、就活生にとっては長期インターンを経験することは大きなアドバンテージとなります。将来、就職活動をする際には、長期インターンの経験が評価される可能性が高くなります。 今後、企業側も長期インターンを積極的に採用し、学生にとって有益な求人を提供することが期待されます。長期インターンはスキルアップに繋がるだけでなく、将来の就職活動にも大きく影響する重要な経験です。

    就活で差をつけるスキル1:実践力

    就活で差をつけるために必要なスキルの一つは、実践力です。特に長期インターンを希望する場合は、企業での実践的な経験が求められます。学校の中で学んだ理論知識を実践に移すことができるかどうかは、試験結果よりも実践経験があるかどうかが重要です。 長期インターンでの実践力は、自らの意欲や行動力を評価されます。業務を自分でプロジェクト形式で進めたり、上手に自分の意見を拾わせたり、先輩社員からのフィードバックを積極的に取り入れたりすることが必要となります。 さらに、実践力を高める方法として、日々の業務に取り組む中で、自分なりの改善点を見つけたり、失敗から学んだりすることも大切です。そのような適切なアクションを起こすことで、自分自身の成長につながります。 また、具体的な成果物を残すことも実践力を証明する重要な要素となります。長期インターン終了時には、企業にとってプラスになる成果を出し、自分の実績として残すことができると、将来就職先を探すときに大きなアドバンテージとなります。 就活で差をつけるためには、実践力を最大限に発揮し、長期インターンを成功させることが必要不可欠です。ただ理論を知っているだけではなく、自らの手で経験を積み、成果を出すことで、現場で即戦力となる社会人になることができます。

    就活で差をつけるスキル2:コミュニケーション能力

    長期インターンシップに応募する際、コミュニケーション能力を高めることが非常に重要です。なぜなら、この業種の仕事はチームで協力しながら課題に取り組むことが多いため、コミュニケーション不足が課題解決の妨げとなるからです。 コミュニケーション能力を上げるための最善の方法は、まずは自分自身を知ることから始めます。自分自身の強みや弱みについて確認し、上司や同僚とのコミュニケーションによって自分自身を成長させる意識を持ちましょう。 例えば、話を聞く力を高めることができれば、他人の意見を理解することができ、これは仕事の成果にも直結します。また、素早く正確な情報を伝えることができるようになれば、チームの意思決定をスムーズに進めることができます。 さらに、長期インターンシップでは、クライアントや顧客ともやり取りを行うことがあるため、社外とのコミュニケーションスキルも必要です。丁寧な言葉遣いや話し方を身につけ、プロフェッショナルな印象を与えることが大事です。 コミュニケーション能力は、就職活動をクリアするだけでなく、長期インターンシップ中の実務にも大きく関わるスキルです。チームワークを重視するこの業種では、積極的にコミュニケーション能力を高めていくことが必要不可欠です。

    就活で差をつけるスキル3:自己管理能力

    就活において求められるスキルは多岐にわたりますが、その中でも自己管理能力はとても重要なスキルの1つです。特に長期インターンを目指す場合、自ら進んで業務をこなし、責任を持って成果を出すことが求められます。 自己管理能力とは、自分自身の時間やタスクを効果的に管理し、自らが設定した目標に向かって努力を続けられることです。これは、企業に入社した際にも非常に役立つスキルであり、自分自身をコントロールできる人材は、チームの中でも重宝されることでしょう。 長期インターンに応募する場合、自己管理能力が評価される場面は多々あります。まずは、応募時に提出する履歴書や職務経歴書に自己PRとして書き込むことをおすすめします。自分自身で設定した目標や、それを達成するためにどのような取り組みをしてきたのかを具体的にアピールすることで、企業からの評価は高まることでしょう。 また、長期インターンで実際に業務をこなす場合には、タスクの優先順位や納期管理が求められます。自己管理能力が高い人材であれば、現実的な期限の中で、最も重要なタスクを優先的にこなすことができます。このようなスキルは、企業での業務においても重要な役割を果たすことができます。 以上のように、長期インターンを目指すにあたって、自己管理能力を鍛えることは非常に大切です。そのためには日々の生活の中で、自己の時間を上手に管理し、それを企業での業務に生かせるようになることが求められます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。