株式会社CONNECTA

長期インターンと短期インターン、どちらが将来に繋がる?

お問い合わせはこちら

長期インターンと短期インターン、どちらが将来に繋がる?

長期インターンと短期インターン、どちらが将来に繋がる?

2023/12/03

日本の多くの大学生や社会人は、将来のキャリアアップや職場でのスキルアップを目的にインターンシップに参加することがあります。しかし、その中でも大きく分けて長期インターンと短期インターンがあります。今回は、この二つについて比較しながら、どちらが将来に繋がるのかについて考えたいと思います。

目次

    長期インターンと短期インターンの違いとは?

    長期インターンと短期インターンは、それぞれの特徴があります。長期インターンは、3ヶ月以上から半年以上の期間、企業にて働くことが多く、一定期間、業務に従事することで実践的な経験を積むことができます。一方、短期インターンは、1週間から1ヶ月程度の短い期間、業務を体験することがほとんどです。主に、夏休みや冬休みなどの期間中に設けられることが多いです。短期インターンは、企業について学ぶことができる良い機会であると同時に、現実的な業務ではない場合が多いため、長期インターンに比べると実践的な経験の積み方が異なります。長期インターンと短期インターンは、それぞれの長所と短所がありますが、どちらも貴重な経験となりますので、自分自身に合ったインターンを選ぶことが大切です。

    どちらが将来に繋がる?経験値の比較

    長期インターンの場合、どちらの経験が将来に繋がるのか比較することが重要です。 まず、業種によっては専門的な知識やスキルを身につけることが必要な場合があります。このような場合、長期インターンを通じてその業界について深く学ぶことができる上に、業務として関われるため大変有意義です。また、その業界のネットワークを構築することもできます。 一方で、業界に関係のないインターン経験でも、コミュニケーションスキルやビジネスマナーなど、将来的に必要とされる基本的なスキルを身につけることができます。特に、大手企業での経験は、将来転職する際に強力なアピールポイントとなります。 どちらの経験が将来に繋がるかは、個人のキャリアプランによって異なります。自身が目指す道に必要なスキルや知識を身につけることが大切です。また、経験値だけでなく、その企業の雰囲気や文化にも注意を払い、将来自分が働きたいと思える場所を見つけたいものです。

    長期インターンのメリットとデメリット

    長期インターンのメリットは、職場での実践的な経験を得ることができる点です。また、長期であるため仕事内容に深く関与し、企業の文化や風土を学ぶことができます。更に、社員と同じように業務に参加することで、コミュニケーション能力やプレゼンスキル、仕事への取り組み方など、社会人として必要なスキルを身に着けることができます。一方、デメリットとしては、長期であるために成果が出るまでに時間がかかる点が挙げられます。また、インターンシップで学生として参加していた時とは違い、業務に対する責任やプレッシャーが増すこともあります。また、一度入ってしまった場合は、やめるという選択肢が減るため、十分に慎重に考える必要があります。

    短期インターンのメリットとデメリット

    短期インターンは、学生や新卒者が企業を体験し、実践的なスキルを身につけるための最適な手段です。短期間で多くの経験を積むことができるため、将来的に就職する場合に有利なポイントとなることが多いです。また、短期インターンは自己分析にも役立ちます。自分自身がどのような仕事に向いているのか、どのようなスキルを持っているのかを考えることができます。 しかし、短期インターンにはデメリットもあります。短期間で経験を積むことができる反面、業務内容が限られているため、一定の深さまで理解することができない場合があります。また、短期間でのインターンでは、企業文化や人間関係の理解が難しい場合があります。そのため、長期インターンに比べて、自分自身が自分の目的を達成することができない場合があるかもしれません。 短期インターンのメリットとデメリットを理解したうえで、自分がどのような目的で短期インターンをするのか、何を得たいのかを明確にしてから、参加を検討することをお勧めします。

    自分にとって合ったインターンの選び方とは?

    長期インターンを選ぶ時に大切なのは、自分にとって合った企業や業界を見つけることです。まずは、自分が興味を持っている分野ややりたいことを明確にしましょう。その上で、インターン先でどのような経験ができるかや、業界の将来性などを調べて、自分のキャリアにプラスになるインターン先を選びましょう。また、インターン先選びの際には、企業の社風やチームの雰囲気なども重要なポイントになります。自分に合った環境で働くことができるかどうかも、インターンの成果に大きく影響するので、しっかりと企業情報をチェックしましょう。最後に、インターンが終了した後には、その経験をどう活かすかも考えておくことが大切です。長期インターンは、自分のキャリアの基盤を築くことができる貴重な経験です。しっかりと準備をして、自分にとって最適なインターン先を見つけてみてください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。