株式会社CONNECTA

長期インターンの面接で落ちる理由と対策

お問い合わせはこちら

長期インターンの面接難しいと思っている学生必見!面接で落ちる理由と対策

長期インターンの面接難しいと思っている学生必見!面接で落ちる理由と対策

2024/03/22

最近、長期インターンシップに応募する若者が増えていますが、その中でも面接に落ちる人も多いようです。インターンシップは将来の就職活動に直結するため、何が原因で面接に落ちてしまうのか、そしてどのように対策するべきなのか、考えてみましょう。本記事では、長期インターンシップの面接で落ちる理由とその対策についてご紹介します。

目次

    長期インターンシップの面接は落ちやすい?

    長期インターンシップは、社会人としての実務経験を積み、就職活動においてアピールポイントとなる重要な経験の一つであるため、求職者からは高い人気を誇っています。 しかし、一方で長期インターンシップは、選考過程が厳しいという特徴もあります。企業側にとっても、長期インターンシップにおいてはより長期間、相手方と接するため、相性が重視されることが多く、面接時には個人的なコミュニケーション能力が非常に重要となっています。 さらに、長期インターンシップにおける選考の場合は、求められるスキルや知識がより高度なレベルであることが多く、必要とされる実務経験の要件も非常に高いことが多いです。そのため、求職者は同様の経験を持つライバルたちと競争することになり、面接合格者を獲得することは簡単ではありません。 長期インターンシップにおいては、選考に合格するためには、自分のスキルや経験を的確にアピールすることが肝要です。また、事前に企業情報を仕入れ、自分にとって適した求人に応募することが重要です。選考に落ちたとしても、その経験を活かせる場がきっと存在するため、諦めずに挑戦し続けましょう。

    理由1:動機が弱い

    長期インターンシップに参加する際に最も重要なことの一つは、自分自身の動機です。しかし、多くのインターン生はその動機が弱く、期待するような成果を出すことができません。自分が本当に何を学び、どう成長したいのかを明確にし、その目標達成に向けて自分自身を鼓舞することが重要です。また、目標を達成するためには、業界や企業について調べ、興味を持つことが必要です。長期インターンシップは単なる職場体験ではなく、自分自身の成長や将来に向けたネットワーク構築、そして自分の可能性を広げるための貴重な体験です。自分自身の動機を明確にし、それに向けて努力することで、長期インターンシップを有意義なものにすることができます。

    理由2:自己PRが不十分

    長期インターンに参加する際に、自己PRは非常に重要です。しかし、自己PRが不十分だと、インターン先や採用企業に自分自身をアピールすることができず、成果を挙げることが困難になってしまいます。自己PRには、自分自身の強みやスキル、経験、志向性などを上手に表現することが大切です。また、インターン中には、業務に取り組む中で自己PRに含めることができる成果を積極的に挙げ、それを上司や先輩に報告することで、自己PRを高めることができます。自己PRが不十分だと、企業とのコミュニケーションがスムーズにならず、業務を適切にこなすことができなくなってしまいます。そのため、自己PRを十分に考え、アピールすることは、長期インターンを成功させるために必要不可欠です。

    理由3:業界・企業研究が不足している

    長期インターンシップに参加する理由のひとつに、業界や企業に対する研究不足が挙げられます。社会人になってからは、その業界や企業を研究する時間が限られていたり、派遣されるプロジェクトが変化するため、自分の興味のある業界や企業について深く知ることが難しくなる場合があります。しかし、長期インターンシップに参加することで、その業界や企業の全体像や文化、業務内容、課題などを深く理解することができます。同時に、その業界や企業のトップランナーたちに会うことで、その先進的なビジョンやビジネススキルを学ぶことができます。これらの知識や経験は、将来のキャリアアップにつながる可能性があります。アクティブな姿勢で、長期インターンシップに参加し、自分自身が学び成長することで、より豊かな人生を送ることができるでしょう。

    対策1:志望動機を明確にする

    長期インターンを受ける場合、志望動機を明確にすることが非常に重要です。志望動機が不明瞭だと、企業側はあなたにとって何が重要か理解しづらくなり、採用の決定にも影響します。そのため、自分自身のキャリアプランや将来の目標、業界に対する興味をしっかりと考え、それを伝えることが必要不可欠です。また、インターン期間中にどういったスキルや知識を得たいか、どのようなことに取り組みたいかを具体的に示すことで、企業側からもあなたに合ったインターンプログラムを提供してもらえる可能性が高まります。自分自身の志望動機を明確にすることで、有意義なインターンシップを経験し、キャリアアップの第一歩を踏み出すことができるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。