株式会社CONNECTA

長期インターンの魅力と選び方

お問い合わせはこちら

長期インターンの魅力と選び方

長期インターンの魅力と選び方

2023/12/01

就職活動では、長期インターンシップを行っている企業にも注目が集まってきています。なぜなら、長期インターンは企業の実際の業務を体験しながら、自分自身の適性や興味分野を発見できるだけでなく、実際の業務経験を積むことができるからです。しかし、膨大な数の長期インターン情報の中から、自分に合ったものを選ぶことは簡単ではありません。本記事では、長期インターンの魅力や選び方について解説します。

目次

    長期インターンとは

    長期インターンとは、就職前に一定期間の実務経験を積むために企業で働くことです。一般的なインターンシップは1か月程度ですが、長期インターンは半年~1年以上の期間で、就職前により深い実務経験を身につけることができます。主に大学生や社会人経験の浅い人たちが就職活動前に長期インターンを行います。企業側にとっては、長期インターンを通じて有望な人材を発掘し、就職後のスムーズな採用につなげることができます。長期インターンに参加するには、インターン先の選定やエントリーシートの提出等、通常の就職活動と同様の手続きが必要です。ただし、就職を前提とした長期インターンの場合、インターン期間中に成果を出すことが求められます。長期インターンは、就職前の実務経験を積むための有効な方法の一つであると言えます。

    長期インターンの魅力

    長期インターンシップには、多くの魅力があります。まず、実際に現場で働きながら、その業界や職種について深く学ぶことができます。また、長期的な滞在期間によって、外国語力やコミュニケーション能力が飛躍的に向上することが期待できます。さらに、自分自身のスキルアップやキャリアアップにつながることもあります。長期インターンシップは、就職先を探す際にも魅力的であり、企業側も優秀な人材を採用できるため、両者にとってWin-Winの関係となります。しかし、長い期間の滞在や遠い場所での生活など、苦労することも多いかもしれません。しかし、それも成長の機会になるため、ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。

    長期インターンを選ぶ際のポイント

    長期インターンを選ぶ際に重要なポイントは、自身のキャリアプランに沿った業種や企業を選ぶことです。自分が興味を持っている業界や企業であれば、モチベーションが上がり、より熱心に仕事に取り組むことができます。また、長期インターンは短期のものと比較して期間が長いため、社員としての役割を担うことが多く、その企業文化や仕事の内容に合わせた学びを得られることが大切です。 さらに、長期インターンを選ぶ際に注意すべきポイントとして、インターンシップの評価方法があります。あらかじめインターン終了時にどのような評価がされるのか、その評価基準は何かを確認し、取得できるスキルや経験が自分の目指すキャリアにプラスになるものであるかを確認することが大切です。また、インターン中には、自分の目標を明確にし、自己評価することで、より成長することができます。 以上のように、長期インターンを選ぶ際には、自身のキャリアプランや興味を持つ業界や企業を選び、インターンシップの評価方法や自己評価を意識し、自己成長につなげることが大切です。

    自分に合った長期インターン先の探し方

    長期インターン先を探すには、まず自分自身の希望やスキルを明確にしましょう。自分が興味を持っている業界や職種、自分の長所や得意分野などを振り返ってみると良いでしょう。次に、就職サイトやインターンシップ情報サイト、企業の公式サイトなどを活用して、条件に合ったインターン先をリサーチしてみましょう。また、自分が目指す業界で実際に活躍している人にアドバイスをもらったり、先輩・同期の長期インターン先の体験談を参考にするのも良い方法です。さらに、インターン期間中に何を学びたいのか、何を達成したいのか、その目標に向けた学びのカリキュラムがあるインターン先を選ぶのもオススメです。自分に合った長期インターン先を探すためには、自分自身の希望や目的を明確化し、慎重に選択することが大切です。

    長期インターンから得られるスキルや経験

    長期インターンシップは、仕事や業務に携わることで、様々なスキルや経験を身につけることができます。まず、仕事に対する責任感やプロ意識を身につけることができます。最初は未経験で何も分からなかったが、徐々に仕事に慣れてきて、自分で考えながら問題を解決する力を養うことができます。また、チームで仕事を行うことも多く、円滑なコミュニケーション能力やリーダーシップ力を身につけることができます。さらに、自分の興味のある分野でのインターンシップであれば、その分野に関する知識や技術を身につけることができます。これらのスキルや経験は就活時にアピールすることができ、自信を持って面接や履歴書を書くことができます。また、長期インターンシップは学部生のうちに仕事に携わることができる貴重な経験であり、社会人としての価値観を学ぶことができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。